中央区議会議員 もりやあゆ美 オフィシャルウェブサイト

八十八夜

五月二日は八十八夜でした。
雑節の一つで、日本独自の暦です。
立春を起算日として八十八日目にあたります。

「八十八夜の別れ霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期でもありまして、農家に対して注意を喚起するためにこの雑節が作られました。

八十八は組み合わせると「米」となります。
末広がりで縁起の良い字であり、農家でも「米」に結びつき一年の豊作を祈る大事なめでたい日とされてきました。

八十八夜に摘んだお茶は古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重され、これを飲むと一年間無病息災で元気に過ごせると言い伝えられています。

茶道では初茶摘みとしても有名です。
この日に積んだ茶は上等なものとされ、茶摘みを祝った茶事なども行われます。

歌の茶摘「夏も近づく八十八夜~♪」は明治45年に発表された日本の童謡ですが、以前から宇治の田原村で歌われていた茶摘歌が元になっているという説もあります。
田原村というのは、江戸時代に煎茶の製造法を確立した永谷宗円(現在の永谷園の創業者・永谷嘉男の祖先)が茶を作っていたところです。

江戸末期以来、茶は日本の重要輸出品でした。
2番目の歌詞
「摘めよ摘め摘め 摘まねばならぬ 摘まにゃ 日本の茶にならぬ」
止血剤となる茜をたすきに擦り込み、茶摘み娘たちが、誇りを持って日本を背負っている姿が歌に表現されています。

シェア
ページトップへ