中央区議会議員 もりやあゆ美 オフィシャルウェブサイト

国内初 液体ミルク全国販売開始

都が国と進めてきた国産液体ミルクが江崎グリコより東日本大震災に由来する3月11日の本日、全国のドラッグストア、ベビー専門店等で販売開始。
(明治は、13日に商品の詳細を発表する予定)
私も早速購入して家族で試飲してみました。

赤ちゃん用の液体ミルクは海外で普及しているのに対し、国内では発売されていませんでしたが、子育て中の家庭などからの要望を受けて、厚生労働省と消費者庁が衛生基準や乳児の発育などに適した「特別用途食品」の表示基準を定め、江崎グリコと明治の2社に製造に関わる承認を与え、それぞれのメーカーで商品開発を進めていました。

また、政府は乳児用の液体ミルクを災害時に必要な物資と位置づけ後押しする方針。
災害時はストレスや疲れで母乳が出にくくなったり哺乳瓶を洗う衛生的な環境が避難先にない場合があります。
粉ミルクで使うお湯が要らず、長期保存できるのが特長で、災害時だけでなく、外出の際にも便利で育児の負担軽減につながると期待されています。
赤ちゃんにとって必要なビタミンやタンパク質など母乳に近い栄養素が含まれており、常温で約半年間、保存が可能です。

世界の国々では、そのまま授乳できる「液体」のミルクが一般的であり液体ミルクは育児先進国ともいわれる北欧では利用者が多く、粉ミルクと液体ミルクではスウェーデンが半々、フィンランドでは9割が液体ミルクだそうです。

販売開始前に、災害から赤ちゃんを守る社会の実現をめざし乳児用液体ミルクの災害備蓄促進を訴えてきた都民ファーストの会に江崎グリコさんが訪れ意見交換も行われました。

https://www.glico.com/…/f…/2019030X-NR-icreo_tokubetsu-2.pdf

https://www.glico.com/jp/enjoy/contents/ekitaimilk/

https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20190311/k10011843671000.html

シェア
ページトップへ