中央区議会議員 もりやあゆ美 オフィシャルウェブサイト

ecobuy食品ロスを減らして持続可能な社会へ

2018年1月19日~2018年3月15日までの期間限定で東京都とNTTドコモによる食品ロス削減の実証実験が、東京都中央区にあるminiピアゴ入船一丁目店で行われているので実際に購入してみました!
https://www.ecobuy.jp/
スマートフォンアプリを使って、賞味・消費期限が近い商品を購入してレシートと商品を撮影しポイント申請します。

お店は見切り売りや廃棄による損失を減らすことができ、消費者は商品を安く買いながら社会貢献できます。

一般的な見切り品やタイムセールと大きく違うのは、その日であればいつでも買えるということです。
店舗にとっても、見切り品にシールを貼るといった作業のコストの削減も期待するポイント。

世界の食べものの実に1/3、量にして年間で13億トンが捨てられています。
日本における食品ロスの量は621万トンで店や家庭で賞味、消費期限切れを理由に、手つかずのまま捨てられている食べものが多いのです。
コンビニなどは、廃棄の時間があまりにも早く、期限を迎える数時間前のものを廃棄行きにしてしまいます。

また、EcoBuyは、東京都が資源ロスの削減や低炭素・自然共生・循環型資源の選択などを促進するために実施する「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業に選ばれています。

シェア
ページトップへ